☆サイドファーム☆横田農場
sidefarm.exblog.jp
ブログトップ
草取り中に見つけたイチョウウキコケ
梅雨明けましたね
去年より梅雨明けがさっぱり訪れたように感じます。


今日は久しぶりに作業です。


1度目の草取りから2週間たった、厚木田んぼの草達は
勢力を回復してジワジワと領地拡大を図っていました。


ということで 草取りアゲインです!

生えている雑草の種類は「コナギ」「クログワイ」「オモダカ」

あと、

良く育っているイネだなぁ


と眺めていて


ふと・・・・、気がつく

「こいつは稲ではない!
ヒエだ!」
と非常に紛らわしい草、田んぼで隠れるプロの「ヒエ」がいます

本当にヒエはイネそっくりなのです。
葉の根元に毛が生えているのがイネ
生えていないのがヒエなのですが
初心者にはこれを瞬時に見分けるのはなかなか難しいですよ


草取り中
普通ではない浮草があることを発見058.gif

それは イチョウウキゴケ Ricciocarpos natans (ウキゴケ科 イチョウウキゴケ属)
近年の水質悪化や、乾田化によって準絶滅危惧種になっている
c0220348_22292463.jpg

水田や浅い池に生息していて、水に浮いていて、水がなくなると地面に定着するそうです。

農業の近代化とともに、田んぼから消えてしまったはずの
イチョウ浮草が@厚木復活!?ということでしょうか

今までみたイチョウウキコケは自然豊かな湧水を田んぼに汲んでいるような
水質の良い場所でしか見たことがありませんでしたが
水質がいいとは言えない川の水を汲んでいる厚木の田んぼでは3年間1度もみませんでした

@厚木田んぼでは、除草剤を使わず手で除草しているので大変な作業に
なってしまうのですが、イチョウウキコケが見れて
もしかしたらレッドデータブックから脱出につながるじゃないかな
とつい期待してしまいました。
[PR]
by life-kome | 2010-07-17 22:52 | 作業